スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

エアトゥフェイキー

エアトゥフェイキーについて説明します。





http://www.youtube.com/watch?v=8Mbj8_CaPD4

エアトゥフェイキーとは、メインスタンスでリップを抜けて、空中で回転せずにそのままスイッチ(フェイキー)で着地する技です。

誰でも簡単にトライできますが、高さを出したり、次の壁にスピードをつなげるには、かなり技術が必要です。



エアトゥフェイキーのポイント:

1、どうしても縦に切れ上がりやすい技です。エアターンと同じラインで飛ぶように意識しましょう。

2、抜け以上に、壁でしっかり板を踏み込む意識を持ちましょう。



1、縦に飛んでしまうと、次の壁に向かうスピードを得ることができません。なるべくエアターンと同じラインで飛べるように意識しましょう。

そのためには、あまりトゥエッジをかけないように意識しましょう。

安定して着地できるようになったら、横に飛んで、飛距離を出す練習をすると、自然と高さもだせるようになります。

まずは、独特の空中の視界と感覚になれるように、ゆっくりとしたスピードでチャレンジしてみましょう。


2、抜けだけで高さを出そうとしてもうまくいきません。

上りの壁でしっかり板を踏み込む意識を持つと、きれいなラインで飛べるようになります。

ただし、板を踏み込むと縦に切れ上がりやすくなってしまうので、ちゃんとエアターンのラインで壁を登れているかチェックしましょう。


空中に出たら回転する必要がないので、スタイルを出しやすい技です。

お気に入りのグラブをしてみましょう。

メランコリーやテールグラブが簡単にトライできる、おすすめのグラブです。

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://halfpipeschool.blog13.fc2.com/tb.php/66-70bf8645





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。