スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2つのスノーボード団体

オリンピックなどで注目されたSAJやJSBAなどの、スノーボード団体について説明します。


現在、日本には、2つの大きなスノーボードの団体が存在します。


「JSBA」と「SAJ」です。


「JSBA」は「日本スノーボード協会(Japan SnowBoarding Association)」のことで、主に、プロライセンスの交付、各種技術検定、審判員や技術者の資格の認定などをおこなっており、各地域に支部があり全国的に活動しています。

http://www.jsba.or.jp/index.html


「SAJ」は「財団法人全日本スキー連盟(Ski Association of Japan)」であり、主に、ワールドカップや世界選手権、オリンピックなどFIS(国際スキー連盟)が管轄する競技会への選手の派遣、選手の育成などをおこなっています。

http://www.ski-japan.or.jp/official/saj/index.html

「SAJ」は本来スキーの団体ですが、そのなかのスノーボード部門として大きな影響力を持っています。


先日のオリンピックで疑問に思った方もいるかもしれませんが、スキー連盟がスノーボードの選手をオリンピックに派遣しているのは、このためです。



この2つの団体には、ほとんど協力、連携体制が無いため、業界内外とも非常に不便で、実情がわかりにくいのが現状です。

スノーボードの未来のためにも、なんらかの形で協力してくれたほうが、わかりやすくなるのではないかなぁ、と思います。

>norizzoさん

過去出来事の詳細や、現在置かれた状況はわかりませんが、いろんなところで様々な事情があるのでしょうね。

不況で業界全体が大変な時期なので、しっかりとしたインフラを整えてほしいものです。
[ 2010/03/14 23:06 ] [ 編集 ]

ですよねぇ
こんなくだらねぇ政治的な問題でスノーボードの発展が妨げられてるかと思うとホント腹立たしいです。

オリンピック種目になる当初はかなりゴタゴタありましたしね。

ほんとにナンセンスな問題ですよね。
[ 2010/03/13 01:20 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://halfpipeschool.blog13.fc2.com/tb.php/63-ebae2702





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。