スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

FSアーリーウープ

FSアーリーウープについて説明します。




http://www.youtube.com/watch?v=ZTWOrjgzOWU


バックサイドの壁での流れに逆らった逆回しなので、フロントサイドアーリーウープという名前になります。

普通のエアターンに比べて、体のひねりが逆になるので、見た目よりも高難度です。



フロントサイドアーリーウープのポイント:

1、どうしても縦に切れ上がりやすい技です。エアターンと同じラインで飛ぶように意識しましょう。

2、エッジがずれないように、しっかりと両足で加重して壁を登ろう



1、アーリーウープは、流れに逆らった回転方向になるので、どうしてもラインが縦になりがちです。

縦に飛んでしまうと、次の壁に向かうスピードを得ることができません。なるべくエアターンと同じラインで飛べるように意識しましょう。

安定して着地できるようになったら、横に飛んで、飛距離を出す練習をすると、自然と高さもだせるようになります。

まずは、独特の空中の視界と感覚になれるように、ゆっくりとしたスピードでチャレンジしてみましょう。


2、フロントサイドアーリーウープは回る意識が強すぎると、上りのRの早い段階から後傾になり、エッジがずれたり、減速の要因となってしまいます。

リップを抜けるまでは、両足でしっかりと板を踏み込んで加重できるように意識しましょう。

また、ぎりぎりまでちゃんと加重できると、回転力も最大限得られるので、踏み切りの動作も最小限で十分になります。

まずは、エアターンのようにリップまで行けるようにしましょう。

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://halfpipeschool.blog13.fc2.com/tb.php/62-82d57c6c





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。