スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

当サイトへの質問、意見、リクエスト等はこちらから

当サイトにつきましての、質問、ご意見などがありましたらこちらからどうぞ。
この記事のコメント欄にて返答させて頂きます。

解説希望の技やすべり方があれば、是非リクエストしてください。

このサイトやスノーボードに関係の無い質問、ご意見はご遠慮ください。

また、各記事のコメント欄に寄せられた質問や相談は、記事として別途公開される場合があります。

非公開でこっそり質問したい場合はメールフォームより、携帯電話からはhalfpipeschool@yahoo.co.jpまでお問い合わせ下さい。


>けんたさん

アーリーウープでインディグラブが届かないとのことですが、考えられる原因は2つです。
ひとつは、板がしっかり上に飛んでいないこと。
もうひとつは、下半身の引きつけがうまくいっていないこと。

抜ける時に身体がプラットフォーム側に起きるように飛んでしまうと(板を下におさえたように飛ぶと)なかなかうまくいかないと思います。
板のソールがプラットフォームを歩く人から見えるように心掛けてみましょう。

また、着地時の板の向きや身体の位置がエアターンと同じところにあるように意識すると、スピードが維持しやすいと思います。
どうしてもアーリーは、着地時にムダなエッチングや変なボディポジションになりやすいものです。
怪我に気をつけて頑張って下さい!

[ 2012/02/08 18:42 ] [ 編集 ]

BS アーリーウープ

BSでアーリーウープを練習しています。
HOW TO のようにインディーグラブをしたいのですが
手が届きません。
また、着地後減速してしまって次の壁でエアができません。

BSエアと同じライン取りを心がけています。。
何が原因でしょうか?
コツを教えて下さい。
[ 2012/02/06 19:18 ] [ 編集 ]

>Tくんさん

Tくんさん、こんにちは
マックツイストとチャックフリップを覚えたいということですが、チャックはBSチャックですよね?
アーリーチャックじゃないですよね?普通のチャックフリップを覚えたいということで話をします。

もし、Tくんさんがなるべく早くひとつの技を完成させたいなら、BSのスピンはどれかひとつにしぼって練習するべきだと思います。

それは、BSスピンは非常にほかのBSの技と混ざりやすいからです。

マックツイスト、チャックフリップ、BS540はどれも別な技ですが、平行して練習すると、抜けの動作が混ざってしまい混乱する原因となります。まずはひとつにしぼってある程度形にしてみることをおすすめします。
ある程度ひとつの技を形に出来れば、それを基準にいろいろと別な技を練習する際に役立つこともあると思います。
ただし、一度できるようになっても、別の技を練習し始めるとうまくいかなくなることもあると思うので、注意してください。

FSの540は別な壁になるので一緒に練習しながらで良いと思います。

楽しんで良いシーズンを送ってくださいね。
[ 2011/12/02 07:49 ] [ 編集 ]

マックツイストとチャックフリップについて

こんにちは、来季中にマックツイストとチャックフリップを覚えたいと思います。
現在、FS540とBS360まではなんとか出来ます。
今後練習していく上で先にFS540とBS540を安定してルーティンに組み込めるようにするのと
マックツイストまたはチャックフリップの練習をFS540とBS540の練習と平行していったほうがいいか悩んでいます。

アドバイスいただけると助かります。
[ 2011/12/01 21:01 ] [ 編集 ]

>MASAさん

コメント返信遅れまして申し訳ありません。
パイプ向きのギアについてということですが、必ずしもそうでなければならない、とういことはありません。
どんな用具にもいい面も悪い面もあります。
おっしゃる通り、ノベンバーやIONはパイプに適した用具のひとつだと思います。
基本的には、パイプには正確なエッジコントロールと素早い切り返しが求められるため、反応の早い硬めのシャープな用具が適していると言われています。
しかしながら、硬い用具は、扱えるだけのそれなりの技術が必要になります。
実際管理人は、その早い反応があまり好きではないため、一般的にはパイプに不向きと言われているかなり柔らかいギアを使用しています。
ロッカーボードでパイプが出来ないことはないですが、反応が遅くエッジングも弱いので、あまり好んで乗るパイプのライダーはいません。
今ご自分が使用しているギアと比べながら、自身の技量に応じたギアを選ぶのがいいと思います。
[ 2011/03/10 07:21 ] [ 編集 ]

パイプ向きのギアについて

はじめまして。いつも参考にさせていただいてます。南郷で練習してますので、いつか会えたら嬉しいです★
今年でボード6シーズンになりますが、さすがにボード、靴、バインがボロボロです。今年からハーフパイプをはじめましたが、どういったものがパイプに向いてるのでしょうか?ぴょんぴょんハウスに垂れ幕つけてる某ショップのマスターにはNovemberがいいとか、ブーツはバートンのIONがいいとか言われましたが、実際どうなんでしょうか?流行のロッカーとかは向いてないんでしょうか?
[ 2011/03/08 00:12 ] [ 編集 ]

>パイプ好きさん

パイプで板を踏むことが必要なのは、スピードをつけるためです。
その原理は「パンピングって何?」(http://halfpipeschool.blog13.fc2.com/blog-entry-14.html)あたりを参考にしてください。
スピードがつくと、ハーフパイプの壁を登る際に、より大きな重力が体にかかります。
より大きな重力を支えるために、板をより強く踏み込むとさらにスピードがつきます。
つまり、板を踏み込むことは、スピードをつけるのに無くてはならない動作だと言えます。

ハーフパイプで板を踏む感覚を意識するのには、よくブランコが例えに使われます。
ブランコを立ちこぎするとき、上までブランコを上げるためには、ブランコを力強く踏みつけるはずです。
それと同じように、ハーフパイプでも壁に板を押し付けるように滑ることが、板を踏むことです。

まずは、フリーランで、ターンの後半にエッジがずれないように板を雪面に押し付け、しっかりと板の反発を意識したカービングを心がけると感じがつかめるかもしれません。
[ 2010/12/01 16:23 ] [ 編集 ]

踏む

よくみんなが板を踏むと良いって言いますが、『踏む』とはどういう事ですか?なにを意識する事で踏んでいる状態を作れますか?
[ 2010/12/01 02:18 ] [ 編集 ]

ありがとうございます。また読ませていただきます!
[ 2010/04/04 22:28 ] [ 編集 ]

>T7さん

まず、地区大会、プロ戦に共通して最も大切なことは、高さを含む完成度です。

完成度と言うのは具体的には、パイプのファーストヒットからラストヒットまでの高さの安定性、空中での安定感、グラブの長さ、着地の精度、などです。
ただ完成度を上げると言っても難しいですが、まずはパイプのはじめから終わりまで全てのヒットで、ちゃんと高さを出せるように練習すると良いと思います。
完成度の低い720-720コンボなら、高く飛んでしっかりグラブした540-540コンボのほうが評価されます、これは世界的な大会でも同じです。
個人的には、一か八かのメイク率の技を出すなら、100%できる技を120%突っ込んで高さを出すルーティーンを選んだほうが成功すると思います。

あとは、自分の得意なものを誰にも負けないようなレベルに高めるのも効果的です。
技でも、高さでも、変わったスタイルやスピン、なんでもいいですが、目を引くものがあると戦いやすくなります。
大会は苦手なことを入れる必要はありません、得意なことだけやればいいものです。


練習方法は人それぞれですが、おすすめは、自分の目標になる大会で自分が滑るルーティーンをあらかじめ早い時期に決めて練習することです。
ひとつ理想のルーティーンを組んで、それを基準に少しだけ難易度を高いもの、低いものとルーティーンをそれぞれ用意して、状況に合わせて3つくらいから選べるようにできればベストです。
個人的には、大会前に、その大会で使う技をどんな速いスピードでも、または遅いスピードでも対応できるように練習することが多いです。

公開練習や本番への一番のアドバイスとしては、大会に慣れてしまうことです。
大会中は人それぞれ、集中して一人でうずくまっている人もいれば、仲間としゃべりまくって自分のペースを作る人、音楽聴いてる人、など色々コンディショニングの仕方はあると思います。
自分のペースの作り方を見つけましょう。
個人的には、D.カーネギーさんの「道は開ける」というメンタルトレーニングの本にお世話になりました。

これからのオフシーズンには、大会など専門的な内容もアップする予定ですので、そちらも参考にしてみてください。
[ 2010/04/02 20:42 ] [ 編集 ]

地区大会、プロ戦に興味があります。
公開練習や本番前の過ごし方等も教えて下さい。
[ 2010/04/01 19:19 ] [ 編集 ]

>T7さん

一言で大会と言ってもJSBAの地区大会から、国際大会まであるので、具体的にT7さんがどんな大会を目指しているのか教えていただければ嬉しいです。

各大会によってジャッジやレベルも異なりますので、準備や攻め方は様々ですよ~。
[ 2010/04/01 16:16 ] [ 編集 ]

大会

大会で勝つ為に大切な事が知りたいです。どんな準備をしてどんな事を考えてのぞめばいいのでしょうか?
その為にどんな練習をしたらいいでしょうか?
[ 2010/03/31 23:56 ] [ 編集 ]

>SATOUさん

ちなみに、余談ですが、海外勢も基本的に柔らかいパイプは上手くありません。
特に北欧勢、そんな柔らかくなること、ないんでしょうね。

柔らかいときは、意識しなくてもエッジがかかるので、普段よりも板をフラット気味にする注意が必要です。
板を踏まないとスピードが出ませんが、板を踏むとエッジが食われやすくなります。
それでも、踏むんです、エッジかけないように。

特に、抜けと、登りのRの入り口、下りのRの出口は、1番力がかかるので、特に気をつけてフラット気味に意識します。

混乱するときは、いつもより斜めにライン取ると楽になりますよ~。
[ 2010/03/16 23:33 ] [ 編集 ]

暖かくなってきた時のパイプの滑り方は?

お疲れさまです!暖かくなってくるとパイプの中もパイプ開放直後から段々と雪がモシャってきますよね?そのモシャってきた雪の中でスピードを殺さずに滑る方法ってありますか?上手な人はモシャってても高いエアーターンしてますが…ご教授よろしくお願いします(^^)
[ 2010/03/16 09:09 ] [ 編集 ]

>tsukaさん

リクエストありがとうございます。

お問い合わせのテーマは、質問も多く、早めに書こうと思っていたことなので、近日中にアップするつもりです。

怪我の無いように、良いシーズンを送ってくださいね!
[ 2010/02/16 22:16 ] [ 編集 ]

エアーターン

こんにちわ。
非常に分かりやすい説明ですね~。
僕的には今まで見たハウトゥの中で1番ですよ。

taskさんにリクエストなんですが、開いているパイプ
及び閉じているパイプの飛び方のコツをお願いします。

実は先日、フロントサイドの壁で板一枚分、飛び出して
しまいリップにヒールエッジを引っかけて腰からボトム
に落ちてしまったんですよ~(笑)。

宜しくお願いします。
[ 2010/02/16 01:28 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/02/09 02:24 ] [ 編集 ]

>norizzoさん

リクエストありがとうございます。

できる限りご希望に添えるように、がんばります。

よろしくお願いします。
[ 2010/02/04 15:49 ] [ 編集 ]

mctwist

こんにちわ
非常にいいサイトでパイプ好きにはありがたいです

表題の通りmctwistとハンドプラント、FSアーリーなども増やして欲しいなと思います。

大変かと思いますが更新がんばってください
[ 2010/02/03 19:47 ] [ 編集 ]

>はるかさん

携帯からでも分かりやすく見られるように、より一層努力します。

特に動画は、もう少し大きく見やすくするので、ちょっぴり待ってくださいね。。。

貴重なご意見ありがとうございます~。

何か気付いたことがあればアドバイス下さいね!
[ 2010/01/23 01:26 ] [ 編集 ]

ありがとう☆

携帯で読みながらイメトレしてます☆(笑)☆
わかりやすい!!

ありがとうございます☆
[ 2010/01/22 23:20 ] [ 編集 ]

>tomさん

ありがとうございます。

地道にがんばりますので、よろしくお願いします。
[ 2010/01/17 00:30 ] [ 編集 ]

おつかれさまーっ

OPENおめでと☆

素人の私は専門用語全然知らないから、
用語集が地味にうれしいよ~
[ 2010/01/13 17:44 ] [ 編集 ]

>タツさん

ありがとうございます。

今後ともよろしくおねがいします。

> 作成おつかれさま~。
> がんばってね~。
[ 2010/01/12 20:34 ] [ 編集 ]

作成おつかれさま~。
がんばってね~。
[ 2010/01/11 14:13 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://halfpipeschool.blog13.fc2.com/tb.php/6-9417e888





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。