スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

BS540

BS540について説明します。

http://www.youtube.com/watch?v=UacPP_eraJw


BS540はとても楽しいトリックですが、目線も見えない方向に振り向かなくてはいけませんし、普段あまりつかわないヒールエッジで踏み切る動きなので難しく感じます。

体の軸を意識して、空中で自分の位置を測れるように繰り返し練習しましょう。


BS540のポイント:

1、踏み切るまではエアターンと同じように

2、回転の軸がリップのRと平行になるように意識しよう

3、背骨を中心に両肩をまわせるように意識しよう



1、まずBS540で一番のポイントは、抜ける前までのRをどれだけエアターンと同じように登れるか、です。

どうしても、回ろうとして先行動作を入れたり、力が入りすぎたり、踏み切るまえから踏むのをやめてしまったりすると、高さも出ませんし、体を振っても無駄な力ばかり入って回転力になりません。

大切なのは、抜ける前の動き方です。

踏み切るまでは、エアターンのつもりでRを登るように意識しましょう。



2、回転の軸が、リップのRと平行に回るように意識してみましょう。

プラットホームと平行に回ろうとして、頭が起き上がってしまうと、強いエッチングが必要になるので、なかなか回転力が生まれません。

登ってきたRに平行に回るためには、常に頭の位置がボトム側に倒れた上体で回らなければなりません。

はじめは着地も見えなくなるのとても怖いですが、まずはスピードを出さずに、リップの中で回る練習から始めてみましょう。

うまくRと平行に回れていれば、リップからでないスピードでも、テールやノーズが引っかからずに回りきることができるはずです。



3、体の回転を、無駄なくスピンの回転力にするために、背骨を中心に両肩を同じように回す意識をしましょう。

特にBS540は、恐怖心からどうしても前の肩だけを回転方向に回そうとする例がよくあります。

背骨を中心に両肩を同じように回すように意識すると、少ない先行動作でも、最大限の回転力を得ることができます。

自分がどちらかの肩だけに意識が偏ってないか、もう1度確認してみて下さい。

>カオリンさん

どちらかの肩を意識するのは悪くないことですが、人それぞれ回し方のクセがあるので、ここでは両肩意識しましょう、と言うことにしています。

自分の動き方がどうなっているか、意識してみるといいですよ~!
[ 2010/02/02 22:26 ] [ 編集 ]

いつも前肩(右肩)ばかりで回そうとしてました・・・。
両肩意識してみますv-10
[ 2010/02/02 16:58 ] [ 編集 ]

>ごうちゃんまんさん

はじめはスピード出さなくても良いので、しっかり回転の軸を意識して回れるように練習してみましょう~。

頑張って下さ~い!
[ 2010/01/24 00:03 ] [ 編集 ]

チャレンジ

説明が物凄く分かりやすくて勇気が出てきました。イメトレして明日チャレンジしてみます
[ 2010/01/23 07:51 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://halfpipeschool.blog13.fc2.com/tb.php/49-ae826663





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。