スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

FS720

FS720について説明します。

http://www.youtube.com/watch?v=dT9Ddlfxmwg


フロントサイドの720は、空中でランディングが広く見えてくるので、540や900に比べて比較的チャレンジしやすい技と言えます。

フロントサイド540に余裕が出てきたら、チャレンジしてみましょう。



フロントサイド720のポイント:

1、540の着地を見ないで(最初に見えてくる壁を見ないで)、空中で着地のRを見る

2、540より抜けの動作を、速く動く



1、720をしっかり立つためには、着地のRを早く見つけなければいけません。

540のときに見えてくる壁の、先のRを見に行きましょう。

540の着地が見えたからといって、視線が止まってしまうと、回転も止まってしまいます。

視線は、ちょうど1回転多く回って、360のときに見える視界になれば合格です。

空中でランディングの壁の位置さえつかめれば、あとは自然と板が回ってくるはずです。

しりもちをついたり、ヒール着地になってしまうときは、空中で早くランディングを見つけるように意識しましょう。



2、720を回すために、急いで踏ん張って、力いっぱい回す必要はありません。

ただ、540のときより、少しだけ、早く動いてみましょう。

もちろん、540と抜けのタイミングは同じです。しっかりとリップまで待ってから踏み切りましょう。

540のときよりも「強く」ではなく、ちょっぴり「速く」動くだけで、回転スピードは速くなります。

720だからと言って、あまり構えずに、540と同じようにリラックスして望みましょう。


>○社長

ノリノリでありがとうございます(笑)

社長ドフラットだから、なかなか720の着地とりづらそうだもんね~。

でも、目線の送り方さえ分かれば、一発やで!

あとは、どうしても回らんかったら、抜けで肩開くときに、腹筋に、ふんって、力入れると、ぶん回せるよ。

腹が固まる分、肩の回転力が逃げないから。

飛ぶには余計な動きだから、タイミング難しいけどね~。
[ 2010/01/23 01:34 ] [ 編集 ]

そっかぁぁぁ~~~~~・・・・・・

「強く」じゃなくて、「速く」なんだね!!!!!

タスク先生のハウトゥ、分かりやすぅぅぅ~~~~~~~い!!!!

(さくらっぽい?)

明日、頑張って練習してみる!!!!!!!
[ 2010/01/22 22:18 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://halfpipeschool.blog13.fc2.com/tb.php/48-06f804ca





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。