スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

FS540

FS540について説明します。

http://www.youtube.com/watch?v=11b6JgSnPIw


FS360が怖くなくなってきたら、FS540に挑戦してみましょう。

FS540は個性や実力がでやすく、男子でも女子でも世界中の大会で今も使われる、フロントサイドのスピンの王様です。



FS540のポイント:

1、リップから抜けたら着地の壁を早く見つけよう

2、空中でひざを曲げて体をコンパクトにたたもう



1、フロントサイドの540で最も大切なのは、空中でどれだけ着地を早く見つけられるか、です。

空中に出たら、まずは着地するリップのRを見に行きましょう。(絶対にFS360の着地のボトムを見てはいけません。)

この時、あごを引いて脇の下、もしくはひざの間から着地を見に行けば、回転軸がプラットホームと平行に回り安定します。

逆に、回転軸を少し倒して、リップのRと平行、またはロデオフリップ気味に回りたいときは、前の肩越しにランディングを見に行くといいでしょう。

空中で、自分が着地すべき壁を見つけたら、そこから先の回転方向を見てはいけません。(回りすぎます。)

早くランディングの壁を見つけることができれば、メイク率も上がってきます、目線を意識しましょう。



2、空中でひざを曲げて、体をコンパクトにしましょう。

踏み切った後に体が伸びてしまうと、回転力が失われます。

まずは自分が1番イメージしやすいグラブでいいので、届く場所をさわって、体をたたむように意識しましょう。

回りやすいグラブは、メランコリーが無難でしょう。

体をたたむ動きと、ランディングを見るために首をひねって目線を送る動きは、同時におこないます。

別々にならないように、注意しましょう。

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://halfpipeschool.blog13.fc2.com/tb.php/47-d32d97af





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。