スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ハーフパイプの基礎知識

まずは、ハーフパイプの形や名前を覚えましょう。
説明



最初にこの画像を見てください。


ハーフパイプとは、このように両方に壁のある円を半分に切ったような地形のことを指します。

壁の高さや形は、2~3メートルくらいの小さなものから、5~7メートル規模の大きなものまで様々です。



①  壁の上の平らなところ→「プラットホーム」

②  プラットフォームと丸い形状の境目→「リップ」

③  リップのすぐ下の最も垂直、もしくは垂直に近い部分→「バーチカル」

④  円の形になってい部分→「アール」

⑤  パイプの底の部分→「ボトム」



もちろん、この画像の例以外にも様々な形のハーフパイプがあります。

それぞれのパイプに合わせた滑り方が必要です。


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://halfpipeschool.blog13.fc2.com/tb.php/4-dda4ac8f





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。