スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

BS メランコリーグラブ

バックサイドエアーでの、メランコリーグラブについて説明します。

melon (2)
バックサイドでのメランコリーグラブは、バックサイドエアーの基本中の基本で、使う機会も最も多いグラブです。

比較的簡単につかめますが、このグラブをもとに色々なトリックにつながるので、まずはこのグラブしっかりと高さがだせるように練習してみましょう。



BSメランコリーグラブのポイント:

1、板のソール面が、リップと同じ面をむくように意識しよう

重心3のコピー


しっかりとリップから踏み切って、板のソール面が、リップと同じ面をむくように意識して練習してみましょう。ソールが真下(プラットホームと同じ面)を向いてしまう抜け方では、高さを出すことができません。




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://halfpipeschool.blog13.fc2.com/tb.php/37-5e8b405b





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。