スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

FS ステールフィッシュグラブ

フロントサイドエアーでの、ステールフィッシュグラブについて説明します。



フロントサイドでのステールフィッシュグラブは、見た目も良くシブいグラブですが、手が届きにくく、バランスをとるのも大変です。

安定してエアターンができるようになり、インディーなど他のグラブができるようになってから、チャレンジしてみましょう。



FSステールフィッシュグラブのポイント:

1、膝をしっかりと曲げて、胸にあたるくらい引き付けよう

リップを抜けたら、膝をしっかり曲げて、胸にぶつかるくらい引き付けましょう。ステールフィッシュは、メランコリーと同じく後ろの手でヒールエッジをつかまないといけないので、膝が曲がらないと、絶対に届きません(背中を反ると届きますが、個人的には見た目はあまりよくありません)。


2、エッジをつかんだら、目線は着地を見ながら、後ろ足を伸ばそう

ただ引き付けてグラブしたままだと、バランスをとるのが難しく着地できません。グラブしたら、目線は着地を見たまま、後ろ足だけ伸ばしてみましょう。回りすぎてしまう場合は、写真のように前の肩を閉じたまま、空中で開かないように意識しましょう。

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://halfpipeschool.blog13.fc2.com/tb.php/32-7a3c099c





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。