スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

FS メランコリーグラブ

フロントサイドエアーでの、メランコリーグラブについて説明します。





フロントサイドでのメランコリーグラブは、スタイルが出やすく高さも出しやすい、左手グラブの基本になるグラブです。

エアターンを覚えたら、まず始めにチャレンジするのにおすすめの技です。



FSメランコリーグラブのポイント:

1、板のソール面が、リップと同じ面をむくように意識しよう

重心2のコピー


しっかりとリップから踏み切って、下半身を上半身に引き付けてからグラブするように意識しましょう。このとき、板のソール面が、リップと同じ面をむくように意識して練習すると、高さも出せて、バランスもとれるようになります。逆に、ソールがプラットホームと同じ面を向いてしまうと、バランスを崩しやすくなるので、注意しましょう。


2、膝をしっかりと曲げて、胸にあたるくらい引き付けよう

ヒール側のエッジをグラブしなければいけないので、ステールフィッシュと同じように、胸に膝が当たるくらいに、下半身を引き付けるようにしましょう。どうしても届かないときは、はじめに前足のビンディングにさわる練習をしてみましょう。

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://halfpipeschool.blog13.fc2.com/tb.php/31-e53302c2





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。