スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

FS ミュートグラブ

フロントサイドエアーでの、ミュートグラブについて説明します。



フロントサイドでのミュートグラブはつかみやすく、危険も少ないですが、高さを出すのが難しいグラブのひとつです。

しっかりと空中で板を引き付けてからグラブするようにしましょう。



FSミュートグラブのポイント:

1、リップから抜ける前から、体をかぶせてグラブしにいかないこと

グラブしにいく気持ちが強すぎて、リップから抜ける前に上半身をかぶせてしまうと、高さが出ません。しっかりと最後までリップから踏み切ってから、グラブしましょう。


2、しっかりと空中で体を引き付けてから、板をつかむこと

空中で体をしっかりとひきつけることができれば、ちゃんと手は板に届きます。届かないからと言って、空中で後ろ足を前に振ると、身体全体が回ってしまうので注意しましょう。

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://halfpipeschool.blog13.fc2.com/tb.php/30-6cbf9f06





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。