スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

FS インディーグラブ

フロントサイドエアーでの、インディーグラブについて説明します。


フロントサイドでのインディーグラブは、フロントサイドエアーの基本で、最も大切なグラブです。

まずは、このグラブがしっかりとできるようになることを目標に練習してみましょう。



FSインディーグラブのポイント:

1、板のソール面が、リップと同じ面をむくように意識しよう

重心2のコピー


しっかりとリップから踏み切って、下半身を上半身に引き付けてからグラブするように意識しましょう。このとき、板のソール面が、リップと同じ面をむくように意識して練習すると、高さも出せて、バランスもとれるようになります。上半身をかぶせてしまうと、ソールは真下(プラットホームと同じ面)を向いてしまうので、自分がどうなっているのか確認してみましょう。


2、前の手がどうなっているか確認してみよう

バランスが上手くとれないときは、グラブしていない前の手を意識してみましょう。グラブできるのに着地まで体が回ってこないときは、前の手を、大きく写真のように開いてみましょう。逆に、回りすぎてしまうときは、前の肩が開くのが早すぎるためです。

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://halfpipeschool.blog13.fc2.com/tb.php/29-18df504a





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。