スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

バックサイドエアターン(上級)

バックサイドエアーを、より高く飛べるように極めましょう。



http://www.youtube.com/watch?v=F4trS6wjGLI


ここでも、スピードが非常に重要になります。

パイプの滑り方や、フロントサイドエア(上級)を参考にしてください。


バックサイドで、高さを出すコツは中級編で学んだ、「大」の字にあります。



抜けのタイミングで「大」の形を作るときに、思いっきり前の手を飛んでいく方向に振り上げてみましょう



とにかく、これだけです。



前の手を振り上げると、自然と後ろ足に力がかかるので、板が今までより強い力で上に飛んでいきます。

まくられないように注意して、思いっきり前の手を振り上げて見ましょう。


はじめは、かならずバランスが取れなくなるので、メランコリーや、メソッドグラブするように意識すると、まくられても板を着地まで返すことができます。


逆に言うと、スピードの限界まで飛ぼうと思ったら、左手のバックサイドグラブ(ヒールエッジ側)しかつかめません。




はじめは怖いですが、覚えてしまえばフロントサイドにはない浮遊感を感じることができます。

是非チャレンジしてみてください。

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://halfpipeschool.blog13.fc2.com/tb.php/28-cbbe41e4





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。