スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

フロントサイドエアターン(中級)

フロントサイドエアーを、より安定して飛べるようになりましょう。



http://www.youtube.com/watch?v=7sHDT3uBGyc





フロントサイドエアーの基礎を学び、リップから出れるようになったらより安定して飛べるようになりましょう。


基礎編でも言いましたが、フロントサイドエアーの飛び方は、ひとつではありません。

肩や腰の開き具合、リップからの抜け方は色々な方法があります。


ただし、どんな飛び方でも、この段階で1番気をつけなくてはいけないことは、リップでジャンプしようとしないこと、です。


ハーフパイプの本を読んだりすると、リップで抜ける時に「上にオーリーする」、とか「後ろ足で蹴り上げる」「まくる」という表現が出てきますが、これはジャンプすることとは違います。

まずは、無理にリップでジャンプしようとしなくても、スピードを維持してリップまで滑れるようになれば、十分に高さは出せるようになります。



そこで、スピードを維持する上でもっとも大切なのは、最後までパイプの壁に板を押し付け続けることです。



良く使われる例えですが、ブランコにたとえてみましょう。

ブランコを立ちこぎしようとします。


  ブランコのコピー



もっと上までこぎたいと思ったら、どうするでしょう?


  ブランコ.2aiのコピー



どんなに力を踏み込んでも、ブランコが振り上がった1番頂点で、上にジャンプしようとしませんよね?


ハーフパイプも、とりあえずは同じように考えてみましょう。

上級編では、さらに上のに飛ぶにはどうしたらいいのか説明しますが、まずは、この「最後までパイプの壁に板を押し付け続けること」を覚えましょう。


具体的に言えば、理想はリップが後ろ足の下にくるくらいまで、ずっと板を踏みつけ続けましょう。

リップと後ろ足が重なる瞬間にリップを抜けるように意識すると、タイミングが取りやすいでしょう。

なかなかそこまで待つことはむずかしいですが、ただやみくもに「抜けを我慢する」より、待ちやすくなりますよ。



また、「板をフラットにしてアールを登る」という解説も聞くことが多いと思います。

斜度のある壁を、フラットで登るなんてありえないことなんですが、これもつまりは、「もっと強い力で板を雪面に押しつけましょう」と言うことです。


スピードがあると、その分、体にかかるGは大きくなるので、強い力でエッジが雪面に食い込みます。

今までより強い力でエッジが雪面に押し付けられるので、今までよりエッジを立てずに、板をフラットに近づけても壁を登れるようになりますよ~、と言いたいわけです。

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://halfpipeschool.blog13.fc2.com/tb.php/25-40be948a





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。