スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

パンピングしてみよう その1

パンピングがわかったら、実際にチャレンジしてみましょう。
その1



では、「踏みこんで力を入れること」と「エッジをずらさずにまっすぐなラインで進むこと」の2つのことを同時にやるにはどうしたらいいでしょう?


この2つのことは、切っても切れない関係ですが、いきなり2つ同時にやろうとすると大変です。

まずは、ひとつひとつ自分の中で分けて意識してみましょう。



1、板を踏み込もう


共通して大切なことは、重心の位置です。

しっかり踏み込むためにも、板をコントロールするためにも、重心の位置が板の真上になければいけません。

例えば、重いバーベルをかついで上げようとしたら、ちゃんと両足で力を入れて上げようとしますよね?

ただし、ハーフパイプはアールが半円状になっていますので、下の図のように、できる限りアールの円に対して重心の位置が直角になるように意識しなければいけません。



重心 1



実際の写真で見てみましょう。


重心1


はじめは恐怖心から、後傾になったり、腰が折れたりしやすいですが、しっかりと意識してみましょう。



また、踏み込むタイミングも最初はわかりにくいものです。

基本的には、自分がアールの上にいるときは、ずっと板を雪面に押し付けていましょう。


名称未設定 1のコピー



上の図で言えば、アールになっている赤い部分です。


ちなみに、中級者では、パンピングのタイミングが遅すぎる例が最も多いです。

半円状のアールが終わった部分で踏み込んでも、スピード出すことはできません。

自分が滑るときは、よく注意してみるようにしましょう。



本気で力を入れて滑ろうとすると、初めはとても忙しくて大変疲れますが、段々と慣れてくるので手を抜かずにしっかりと力をいれましょう。


ボトムの部分は、力を抜いても構いませんが、エッジがずれないように注意しましょう。





コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://halfpipeschool.blog13.fc2.com/tb.php/17-289dca08





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。