スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

背中からのドロップイン(初級~中上級)

パイプのボトムに背中を向けてドロップインする方法を説明します。




http://www.youtube.com/watch?v=hcSABBfapmE


前を向いたドロップインに比べて、背中から落ちていくので恐怖心が強く、スピードをつけるためには練習が必要です。

怖がらずに、思い切ってやってみましょう。



1、プラットホームのリップぎりぎりを、なるべくまっすぐ進む。

2、背中側に倒れこむように、ボトム側に体を倒す。

3、ひざをしっかり曲げて小さくなり、なるべく板が浮かないようにリップのなるべく上に落ちれるようにする。

4、着地したら、それ以上姿勢を下げずにしっかりと力を入れて、次の上りの壁に備える。



1、のときは、なるべくまっすぐに進めるようにしましょう。斜めに降りてしまうと、ボトムの下のほうに落ちてしまって、すごく怖いです。


2、はじめはあまりスピードをつけずに、ゆっくりと重心をボトムのほうに倒してみましょう。このとき、腰が引けないよう、前側ののお尻から入るイメージをもちましょう。しっかり板を踏み込めなくなるので、背中が丸まってはいけません。


3、なるべくパイプのアールの上のほうに板を落とせるようにしましょう。はじめは恐怖心でどうしても後傾になりがちなので、前の膝を意識的に少し多めに曲げ、重心を前に持っていきましょう。


4、着地したらすぐに力を入れて、踏ん張りましょう。下りのアールが終わる前には、上りのアールに備えて視線は先に送りましょう。
パイプに慣れるまでは、まずは、エッジがずれないように意識してみましょう。

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://halfpipeschool.blog13.fc2.com/tb.php/16-d2c98ff8





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。