スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

パンピングって何?

ハーフパイプで良く聞く、「パンピング」を説明します。



ハーフパイプの本などを読むと、良く「パンピング」という言葉を目にします。

色々と説明の仕方はありますが、難しく考える必要はありません。



パンピングとは、板を踏むこと(板を雪面に押し付けること)です。



それがなかなかできないから、苦労するんですが。。。

試しに、わかりやすく例を挙げてみましょう。




名称未設定のコピー



この坂の上に止まっている物を。。。




名称未設定3のコピー



上から押せば、下に進むし




名称未設定4のコピー



横から押せば、上に進みます。

この押す力が強ければ強いほど、進む力も強くなります。


これはスノーボードにも同じことが言えます。

つまり強い力で板をアールに踏みつけるほど、進む力(スピード)が出るわけです。



では、この物体が柔らかかったらどうでしょう。



名称未設定5のコピー




つぶれてしまって、押す力は無くなってしまいます。


スノーボードに例えてみましょう。

アールを滑る時には、スピードが出れば出るほど、体には大きな重力がかかります。

その重力より大きい力で、板を踏み込まなければ、(膝や腰が折れて)体の重心は下がってしまいます。

アールでつぶれてしまったら(重心が下がってしまうと)、その分、進む力(スピード)がなくなってしまうのです。





しかし、ハーフパイプには斜度があるので。。。

踏みこんで力を入れること」と「エッジをずらさずにまっすぐなラインで進むこと

の、2つを同時にしなくてはなりません。


ターンの途中で板を踏み込むと、踏み込んだ力の分だけ、エッジがついてる方向に曲がってしまいます。

ハーフパイプでは、踏み込みながら、リップまでまっすぐ進むこと、が要求されます。

つまり、目的の異なる2つのことを同時にやらなければならないのです。



この2つの操作を同時に行なうことが、みんな苦労する「パンピング」です笑。


ちなみに、初心者には「低い姿勢で滑りましょう~」、と言いますが、それは。。。

「はじめから膝を曲げた体勢になるので、板を踏み込みやすい」

重心が低い位置にあるので、それ以上つぶれにくい」

からです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/09/04 15:37 ] [ 編集 ]

>りゅうじさん

ありがとうございます。
もっとわかりやすくできるように努力します。

> わかりやすいせつめいですね^^感心しました。
[ 2012/06/03 22:06 ] [ 編集 ]

わかりやすいせつめいですね^^感心しました。
[ 2012/06/03 12:49 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://halfpipeschool.blog13.fc2.com/tb.php/14-d0075756





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。